全国板金業国保組合
全国板金業国保組合について
保険料 保険料  
保険証 保険証  
異動の手続き 異動の手続き  
保険給付 保険給付  
適正受診にご協力ください 適正受診にご協力ください  
第三者行為・仕事中のけが 第三者行為・仕事中のけが  
後期高齢者医療制度 老人保健制度  
介護保険制度 介護保険制度  
保健事業について  
リンク集  
サイトマップ  
個人情報保護  
お問い合わせ  
申請書ダウンロード  
HOMEに戻る  
介護保険制度
 介護保険のしくみ  介護サービスを受けるための手続き  介護保険料の納め方  
 
介護保険は、介護を社会全体で支え合う制度です。40歳以上の皆さんに介護保険料を納めていただき、そのお金によって寝たきりや認知症の高齢者に介護サービスを提供することを目的としています。
介護保健のしくみ
40歳以上の方が加入します

介護保険制度は、お住まいの市区町村が保険者となって運営します。40歳以上の方が被保険者(加入者)となって保険料を負担し、介護が必要と認定されたときには、費用の1割(一定以上所得者は2割)を支払って介護サービスを利用するしくみになっています。


第1号被保険者

65歳以上の方 介護や支援が必要と認定された場合にサービスを利用できます。
第2号被保険者

40〜64歳の方 老化が原因とされる病気(特定疾病)により、介護や支援が必要と認 定された場合にサービスを利用できます。
介護サービスを受けるための手続き

介護保険でサービスを受けるには、申請が必要です。サービスを受けるまでの手続きの流れを紹介します。

利用者は費用の一部を負担します


介護サービスを利用する方は、その費用の一部を自己負担します。
施設に入所する場合には、居住費・食費・日常生活費の全額を自己負担します。
 
 
介護保険料の納め方
第2号被保険者の保険料 (40〜64歳の方)

全板国保へ一括して納めることになっています。

保険料の決め方

介護納付金(※)=国が定める単価×全板国保の介護第2号被保険者数
介護第2号被保険者保険料
全板国保では一律2,400円です。

※全板国保が社会保険診療報酬支払基金に支払う納付金。
 

第1号被保険者の保険料 (65歳以上の方)


全板国保の加入者であっても、保険料は市区町村に納めることになっています。(年金月額15,000円以上の方は年金から天引きで納めます。年金月額15,000円未満の方は個別に納めます。)

保険料の決め方


お住まいの市区町村のサービス提供状況などをもとに基準額が決まります。 詳しくはお住まいの市区町村の窓口までお尋ねください。

 







 

Copyright (C) 2004 全国板金業国保組合. All Rights Reserved.

▲ このページの先頭へ