全国板金業国保組合
全国板金業国保組合について
保険料 保険料  
保険証 保険証  
異動の手続き 異動の手続き  
保険給付 保険給付  
適正受診にご協力ください 適正受診にご協力ください  
第三者行為・仕事中のけが 第三者行為・仕事中のけが  
後期高齢者医療制度 老人保健制度  
介護保険制度 介護保険制度  
保健事業について  
リンク集  
サイトマップ  
個人情報保護  
お問い合わせ  
申請書ダウンロード  
HOMEに戻る  
保健事業について
 健康診断の助成   契約健診機関一覧  全板国保独自の保健事業
 特集 高血圧防ぐために血圧をコントロールしよう 
 
健康診断の助成

健診を受けるメリット

病気の早期発見につながります。 健診は毎年必ず受けましょう!
特定健診では、生活習慣病のリスクの高い方は、自分にあった健康づくりの指導を受けられます。
病気を未然に防ぐことで、医療費の抑制にもつながります。

健康診断を受診した方に対して、全板国保は次のような助成をおこなっております。

助成は年度内に右欄の1.特定健診 2.健康診断助成金 3.節目検診助成金のいずれか1回のみです。(所属の支部等が実施する健康診断を受診される方は、支部等の指示に従ってください。)

1.特定健診


窓口負担なし、申請不要

特定健診とは、生活習慣病のリスクを高めるメタボリックシンドロームに着目した健康診断です。

対象 40〜74歳の組合員 配偶者 家族


特定健診基本項目
  • 問診票 (服薬歴、喫煙歴等)
  • 身体診察
  • 身体計測 (身長、体重、BMI、腹囲)
  • 血圧
  • 尿検査 (尿糖、尿蛋白)
  • 血液検査
     脂質(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
     肝機能(GOT、GPT、γ‐GTP)
     代謝系(空腹時血糖またはHbA1c)
詳細項目

一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施

  • 心電図
  • 眼底検査
  • 貧血検査 (赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)

■受診方法

①全板国保から「特定健診受診券」を4月中旬頃、4月1日現在加入されている方にお送りします。
なお、健診当日、資格のない方は対象外です。

②全板国保のホームページより「受診機関一覧表」の中から受診する機関を選んで予約します。
予約する際に受診できるかご確認ください。


要注意
受診機関一覧表の平成29年度版は、準備でき次第、更新します。
ご不明の場合は所属の支部へお問い合わせください。

③受診当日は、「受診券」と「被保険者証」を持って受診します。 (受診券は回収されます)

 
<受診時に特定健診基本項目の他にも受けたい項目がある場合>

窓口で全額負担、申請必要


対象 40〜74歳の 組合員 配偶者

特定健診基本項目のほかに追加で受診した項目に対し、7,000円を限度に助成します。

注:原則、特定健診と同日に受けたものが対象です。
  予約時に追加メニューが受診可能かご確認ください。

 

2.健康診断助成金


窓口で全額負担、申請必要

対象 全年齢の 組合員 配偶者

組合員・配偶者の方が受けた健康診断に対し、15,000円を限度に助成します。

要注意
40〜74歳の方は「特定健診基本項目」を全て含めて受診してください。
項目が一つでも欠けていると助成を受けられませんのでご注意ください。


3.節目検診(人間ドック)助成金


窓口で全額負担、申請必要

※該当される方には3月下旬に案内書を郵送しています

対象 組合員

平成29年4月1日から平成30年3月31日までの間に
40、45、50、55、60、65歳に達する組合員の方が受けた節目検診(人間ドック)に対し、実費の2分の1(5万円限度)を助成します。

要注意
「特定健診基本項目」を全て含めて受診してください。
項目が一つでも欠けていると助成を受けられませんのでご注意ください。

実際に支払った額の2分の1が15,000円を下回る場合は、15,000円を助成します。


4.特定保健指導

特定保健指導とは、特定健診の結果、このままだと心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病を引き起こすリスクの高い方に実施する支援で、生活習慣の見直しをサポートします。
 

1.対象者
特定健診の結果、生活習慣の改善が必要とされた方

 
特定保健指導のグループ分けの流れ

↑画像をクリックすると拡大表示されます。↑

特定保健指導は、対象となった人すべてに実施されるとは限りません。
65歳以上の受診者は、積極的支援の対象となった場合でも動機付け支援とします。


2.費用
全額全板国保で負担します

 

3.利用方法

①健康診断の結果から生活習慣の改善が必要な方へ、ご案内します。

②担当専門職(保健師、看護師、管理栄養士)からハガキを郵送し、後日、お電話で面談の日程等についてご相談させていただきます。

③ご自宅などで専門職と相談しながら無理なく効果的な「計画」を立てます。

計画をマイペースで実践

④6か月後、改善結果を確認し、翌年の健診でチェック。

 
5.がん郵送検査(大腸がん・子宮頸がん)

 

40歳以上の組合員・配偶者・家族の方に
無料
で実施します。

申込書を毎年11月頃お送りします。申し込みをした方は、必ず検査を受けましょう。検査容器を送るだけでも費用はかかっています。


健康診断や人間ドックで同様の検査をする場合は、ご遠慮ください。

 

契約健診機関一覧(参考−平成28年度契約分)

 北海道・東北 [ 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]

 関東 [ 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京 | 神奈川 ]

 中部 [ 新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 長野 | 岐阜 | 静岡 | 愛知 ]

 近畿 [ 三重 | 滋賀 | 京都 | 大阪 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山 ]

 中国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]

 四国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

 九州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
 

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 Get AdobeReader

PDFファイル内の検索方法について

PDFファイルに記載されているデータは、[検索フィールド]にキーワードを入力してEnterキーを押して探すことができます。 (または、メニューバーから[編集]-[検索]を選んでください。)



 
※ご利用のAdobe® Reader®のバージョンにより、操作方法が異なる場合がございます。
  詳しくはお使いになっているAdobe® Reader®のヘルプ等をご参照ください。
 
全板国保独自の保健事業
 
◆インフルエンザ予防接種費用の補助
 

対象期間
毎年度10月1日から翌年1月31日までの間に受けた予防接種

申請期限
予防接種を受けた年度の2月末日までに所属の支部へ申請

補助額
2,000円を限度(12歳以下の方が2回接種した場合は4,000円を限度)
※接種費用が上記金額に満たない場合は実際に支払った額

補助回数
被保険者1人につき1回(12歳以下の方が2回接種した場合は2回分をまとめて1回)


PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 get AcrobatReader

育児誌・出産記念品の配付

子育て支援事業として出産世帯に次のものを配付します。

育児誌

0〜1歳 毎月1冊
1〜3歳   年4冊

出産記念品 2種類から選択
A.皮膚赤外線体温計ベビースマイルDECO
B.コンビ teteo
  パーティマグ 離乳ナビセット
※商品が変更になる場合があります。

 

高額医療費・出産費資金貸付


高額医療費貸付

高額療養費支給見込み額の80%を無利子で借りることができます。
高額療養費支給時に相殺されます。

出産費資金貸付

出産予定日まで1か月以内である方 、または妊娠4か月以上で、出産に要する費用を医療機関に支払ったか、請求を受けている方は、出産育児一時金支給見込額の80%を無利子で借りることができます。出産育児一時金支給時に相殺されます。

 
 
健康管理用品


毎年、全世帯に医薬品などのセットを配付しています。
歯の健康と全身の病気との関係が取り沙汰されているので、今回は「歯の健康セット」を配付しました。

 
 
特集 高血圧を防ぐために 血圧をコントロールしよう
高血圧は脳卒中などのリスクを高めます!


血圧とは、血管内にかかる圧力のことです。心臓が収縮して全身に血液をおくりだすときにかかる血圧(収縮期血圧)が最も高く、心臓が拡張し肺から心臓に血液が戻るときの血圧(拡張期血圧)が最も低くなります。

血圧が通常よりも高い高血圧になると、血管に負担がかかり続けるために血管が傷つきやすくなり、血管の老化である動脈硬化を促進します。その結果、血管が詰まったりやぶれたりすることで、脳卒中や心筋梗塞など命にかかわる病気を引き起こす可能性が高まります。

危険なことに高血圧はほとんど自覚症状がありません。そのため血圧測定により血圧の状態を知り、高血圧があるときは、上手に血圧を管理することが重要です。

 
 
家庭で血圧を測定しましょう


測定時刻
起床1時間以内排尿後朝食前と、就寝前の2回。できるだけ決まった時刻に。

測定回数
1測定に2回測定した平均値が理想。

測定前
測定前は座位で1〜2分間は安静にする。

測定の仕方

 



 

 

家庭で測定し血圧が低くなったからといって自己判断で薬をやめたりしないこと。
血圧の測定の仕方について医師や保健師、看護師の指導を受けておきましょう。

 
 
高血圧の予防と血圧値の改善6つのポイント


血圧を上げる要因としては、食塩のとりすぎ、肥満、運動不足、アルコールの飲みすぎ、喫煙などがあげられます。一方野菜や果物は塩分の排出に役立ち、魚の油は血管を良好な状態にします。それらに配慮したのが次の6つのポイントです。

1.減塩

減塩1g/日ごとに収縮期血圧が約1mmHg下がる

みそ汁やめん類などの汁は残す。
塩蔵品(塩辛、お漬物など)は、今より食べる回数・量を減らす。
食べ物を買うときに食塩量をチェックする
 (Na表記の場合は×2.5倍が食塩量)。

【食塩摂取目標量(成人1日あたり)】

  • 男性:8g未満
  • 女性:7g未満

2.バランスのよい食事

野菜・果物、青魚を適量食べ、脂っぽいものは減らす

野菜は1日小鉢で5〜6つくらいに。
果物は1日りんご1個くらいに。
おかずは肉を減らし魚を増やす。

3.減量

1か月1kg減量を目標にする

体重を毎日測る。
寝る前2時間は食べない。
自分の腹八分目の量を知る。

4.運動

まずは体を動かすことを意識することからはじめてみては

歩数計をつける。
ラジオ体操を習慣にする。
一緒に運動をする仲間をつくる。

5.節酒

1日ビール中びん1本が適量の範囲
(女性・高齢者はこの半分に)

水とアルコールを交互に飲む。
時間を決めて飲む。
一人で飲まない。

6.禁煙

喫煙できる場所が減って大変と感じたら禁煙への第一歩

最新のたばこの情報を得る。
周囲で禁煙した人の話を聞く。
禁煙外来にかかる。

 
 

 

 





 

Copyright (C) 2004 全国板金業国保組合. All Rights Reserved.

申請書ダウンロード

▲ このページの先頭へ