全国板金業国保組合
全国板金業国保組合について
保険料 保険料  
保険証 保険証  
異動の手続き 異動の手続き  
保険給付 保険給付  
適正受診にご協力ください 適正受診にご協力ください  
第三者行為・仕事中のけが 第三者行為・仕事中のけが  
後期高齢者医療制度 老人保健制度  
介護保険制度 介護保険制度  
保健事業について  
リンク集  
サイトマップ  
個人情報保護  
お問い合わせ  
申請書ダウンロード  
HOMEに戻る  
後期高齢者医療制度
 運営主体  加入者  保険証  
 
75歳になったら、全板国保から後期高齢者医療制度へ新たに加入することになります。
運営主体
都道府県単位ですべての市区町村が加入する広域連合が運営主体(保険者)となり、市区町村は窓口業務などを行います。
 
広域連合 市区町村
保険証の交付 保険料の徴収
保険料の決定 申請や届け出の受け付け
医療を受けたときの給付 保険証の引き渡しなどの窓口業務
加入者
広域連合の区域内に住む人で、下記にあてはまる人が対象となります。

対象となる人 対象となる日
75歳以上の人 75歳の誕生日当日
65歳以上で寝たきりなどの一定の障害がある人

(広域連合の認定を受けた人。)
後期高齢者医療制度の被保険者となった日
保険証
後期高齢者医療制度では、独自の保険証が1人に1枚交付されます。保険証には自己負担割合が記載されています。お医者さんにかかるときは必ず窓口に提示しましょう。

 

「後期高齢者医療制度」については、お住まいの市区町村窓口にお問い合わせください。






 

Copyright (C) 2004 全国板金業国保組合. All Rights Reserved.

▲ このページの先頭へ