全国板金業国保組合
全国板金業国保組合について
保険料 保険料  
保険証 保険証  
異動の手続き 異動の手続き  
保険給付 保険給付  
適正受診にご協力ください 適正受診にご協力ください  
第三者行為・仕事中のけが 第三者行為・仕事中のけが  
後期高齢者医療制度 老人保健制度  
介護保険制度 介護保険制度  
保健事業について  
リンク集  
サイトマップ  
個人情報保護  
お問い合わせ  
申請書ダウンロード  
HOMEに戻る  
適正受診にご協力ください
 かかりつけ医を持ちましょう  同じ病気での重複受診はやめましょう  診療時間内に受診しましょう  
 救急電話相談を利用しましょう  ジェネリック医薬品を利用しましょう  整骨院・接骨院のかかり方   
 医療費のお知らせ   
 
 
かかりつけ医を持ちましょう

かかりつけ医を持ちましょう信頼できる「かかりつけ医」がいるだけで安心できます。気になることがあれば、まずは「かかりつけ医」に相談しましょう。自分の体質や症状に応じて専門医を紹介してもらうなどきめ細かな対応をしてもらえます。

 
 
 同じ病気での重複受診はやめましょう

同じ病気で複数の医療機関を受診することは、控えましょう。医療費を増やしてしまうだけでなく、重複する検査や投薬によりかえって体に負担をかけてしまうなどの心配もあります。

同じ病気での重複受診はやめましょう
 
診療時間内に受診しましょう

診療時間内に受診しましょう午後6時以降の夜間や休日の診療には加算料金がかかりますので、診察はできるだけ診療時間内に受けるようにしましょう。

 
救急電話相談を利用しましょう

急な病気で困った場合、まずは救急電話相談を利用しましょう。

#8000をプッシュ

小児は#8000をプッシュ

成人は#7119をプッシュ

 
ジェネリック医薬品を利用しましょう

ジェネリック医薬品を利用しましょう後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と同等の効能効果を持つ医薬品であり、費用が先発医薬品より安価です。「ジェネリック医薬品希望カード」を医療機関や薬局に提示したり、口頭で伝えることによりジェネリック医薬品への変更及び利用についての相談ができます。

「ジェネリック医薬品希望カード」は下記ホームページからダウンロードしてご利用ください。

 ◆かんじゃさんの薬箱 http://www.generic.gr.jp/  

 
整骨院・接骨院のかかり方について
  • 整骨院・接骨院の受療照会について施術を受けるときには、ケガの原因を説明しましょう。
  • 整骨院・接骨院で施術を受けたときは、必ず領収書を受け取り大切に保管ください。
  • 「療養費支給申請書」の委任欄は、施術を受けた本人が署名してください。
  • 全板国保では、柔道整復師施術療養費の支払いを適正に行うため、ご本人へ施術内容について照会をしています。負傷原因・施術年月・施術内容等についておたずねする場合がありますので、照会があったときには必ず本人が回答してください。
  • 組合員の皆さまの保険料を大切に使うためにもご協力をお願いします。
 
医療費のお知らせ

医療費のお知らせ医療費について関心を持っていただくために、年2回、医療費の総額をお知らせします。医療機関や整骨院などから受け取った領収書の金額と比べてみましょう。

 

確定申告(医療費控除)の医療費通知の使用について
〜医療費控除の明細書は、ご自身で作成されるようお願いします〜

所得税法の改正により、平成29年分からの所得税及び個人住民税に係る医療費控除の適用を受ける方は、確定申告の際に添付する領収書に代えて医療費控除の明細書の添付が必要となり、医療保険者が発行する医療費通知が当該明細書として使用することが可能とされました。

当組合の医療費通知は1年のうち2か月分を通知しているところであり、医療費控除の明細書として使用するためには改善する必要があり、現在、マイナンバー制度におけるマイナポータルの活用を念頭において検討しているところです。

つきましては、当該通知を実施するまでの間は、申告される方ご自身が当該明細書を作成されますようお願いします。






 

Copyright (C) 2004 全国板金業国保組合. All Rights Reserved.

▲ このページの先頭へ