全国板金業国保組合
全国板金業国保組合について
保険料 保険料  
保険証 保険証  
異動の手続き 異動の手続き  
保険給付 保険給付  
適正受診にご協力ください 適正受診にご協力ください  
第三者行為・仕事中のけが 第三者行為・仕事中のけが  
後期高齢者医療制度 老人保健制度  
介護保険制度 介護保険制度  
保健事業について  
リンク集  
サイトマップ  
個人情報保護  
お問い合わせ  
申請書ダウンロード  
HOMEに戻る  
個人情報保護
 個人情報ってなに?  国保組合が保有する個人情報の例  個人情報の取扱いについて  
 個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)  
 
個人情報ってなに?

個人情報とは

生存する人の情報のうち、氏名、生年月日などにより、それが誰のものであるかを識別できる情報のことをいいます。
この「個人情報」の取扱い方を間違ったら、みなさんに大きな被害を及ぼす可能性があります。

個人情報保護法とは

個人情報の不適正な取扱いによる個人の権利利益の侵害を未然に防ぐため、個人情報取扱いのルールを定めた法律です。

 
当国保組合では、個人情報保護についての取組みを推進します!

近年、IT化の進展などにより、コンピュータやネットワークを通じて大量の個人情報が処理されています。

しかし、個人情報は、誤った取扱いによって個人に重大な被害を及ぼす危険があり、適正かつ慎重に取扱うことが求められます。こうした状況をふまえて、平成16年5月に「個人情報の保護に関する法律」(「個人情報保護法」)が成立し、平成17年4月1日から施行されました。

この法律は、個人情報を取扱う事業者を対象に、情報の取扱いに関するルールを定めたものです。

国保組合は、組合員やその家族の傷病の治療やお産、死亡に関して給付を行ったり、健康の保持増進のために健康教育や健康診断を実施するなどの事業を行っており、被保険者などの個人情報を取扱っています。

当国保組合では、組合員とご家族みなさんの個人情報を安全に保管し、適正に取扱うことの重要性を十分に認識し、役職員および関係者が一丸となって個人情報保護についての取組みに努めてまいります。







 

Copyright (C) 2004 全国板金業国保組合. All Rights Reserved.

▲ このページの先頭へ